WEBの仕事の愚痴、Ragnarokの感想、人狼BBSの感想、オフ会の感想など、ほとんど独り言を書き散らした日記になると思います。 ROはTyr鯖メイン。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by A-E Emotion
 
[スポンサー広告
てづくりこすめ
頼んでいたファンデーション材料が届きました。
忙しいけどうずうず。

もう寝る時間削ってつくっちゃえ。
とりあえず下準備~
無水エタノール使って器具を消毒。


今回使った材料
パウダーの基本になるのはセリサイト。
これに珊瑚パウダーと色づけにもなるイエローカオリンとピンクカオリンを加えてます。
んで、紫外線をブロックしたり保湿したりする材料を投入。
超微粒子酸化チタン、シルクパウダー 、パールパウダー、ヒアルロン酸、ナイアシン、アラントイン、リボフラビンとか。

こないれて


これを思いっきりすりつぶしながら混ぜていくのです。
ぐるぐる

ぐるぐる


よーく混ざったところで色剤を投入。
今回は元々リボフラビンの黄色が強いんで、これを生かしました。
色あわせにベンガラと黒酸化鉄使ってます。あとはピンクとイエローのカオリンで微調整と、ちょっと黄が足りなさげだったので黄酸化鉄をちょっとだけ。

少量ずつ完全に全体に混ぜます。
きちんと混ぜないと色ムラができて使い物にならないとか。

色とか足しちゃう

実は色混ぜる前にオイル類足すんだったけど、めっさまちがってました。
まあいいや。
というわけでオイル類投入
ホホバ油、ビタミンE、アルファリポ酸、フラックスシードオイル(オーガニックだった)、酸化防止のローズマリーエキストラ

全部入れてとにかく混ぜまくる。
オイルが全体的に綺麗になじんだら、肌に乗っけて色あわせしたりして微調整。
色足すごとに混ぜまくって色むらが出ないようにする。
肌に合う色になったら完成。

油分も投入


できたファンデーションをケースの金皿に山盛りにして、上にティッシュをかぶせて押さえつける。
指でもいいけどパレットナイフとか使った方が指あとが残らなくていいかも。

ケースに入れて固めたり

完成ヽ(´ー`)ノ

今日つけてみましたけど、付け心地が良かったです。
というか白浮きしない。粉っぽさがでない。
素肌っぽいけどちゃんと付いてるという感じでした。

一番問題だった痒くならないってのも楽々クリア。
アトピーが出たりするんで下手にメーカーものつけるとめっさかゆくなります。
花○とか真っ赤になって酷いことになることも。

1時ごろから5時までつけてみてましたが全く問題なし。
つけてる感じすらなかったともいう。

洗い流しは石けんで充分。二度洗いしたら白いタオルにも色が付かなかった。
洗った後に吹き出物できてないか見てみましたけど、特に増えてなかった。
化粧した後は大抵ぷくっとなってるところができてるんですけどねー

よしOK。これはいいものだ。
ちょっとメンドイけどまた作ろう。


スポンサーサイト
Posted by A-E Emotion
comment:4   trackback:0
[その他]  thema:コスメ・スキンケア・ヘアケアのよくある質問(FAQ) - genre:ヘルス・ダイエット
comment
なぜか「ねるねるねるね」思い出した。
2008/09/15 11:06 | | edit posted by 炭酸
練れば練るほど色が変わって・・・

残念ながらこれは食べれません(・ω・)
2008/09/16 01:07 | | edit posted by Emotion
はじめまして。お邪魔します!
自分で作るファンデーションってすごいですね。
私はなかなか化粧品が合わない体質だし、時間が経つと鼻の周りが白浮きしちゃうから、1度試してみたくなりました。
アトピーが出てしまうときはビタミンに含まれている「ビオチン」を飲むといいですよ!
2008/09/16 23:52 | | edit posted by halihali
初めましてー
実はこれ書いた後に、実は色がちょっと濃いめにできてしまっていたことに気付きました。
最初に確認した鏡の前は光の位置でちょっと明るくみえてたようで・・・
色あわせが結構難しいみたいです(´・ω・`)
自然光だと健康的な小麦色に近い肌になりました。これはこれで素肌美人に見えて良かったのですが。 

色あわせさえうまくいけば、アレルギーの出にくい素材つかって作れるので便利です。
ただし防腐剤が自然のものしか使えないんで持って3~4ヶ月くらいらしいです。
2008/09/17 00:37 | | edit posted by Emotion
comment posting














 

trackback URL
http://kyokutotour.blog14.fc2.com/tb.php/175-ee5a4e75
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。